今回のナンパ必勝法
  • 入り口テーブルisオアシスの法則
  • 俺ジナリティー

どうも、大体は抱いたら怠惰なぽんです。

あーもうどうでもいいぜ

今回は少し昔(2〜3年前)を振り返って大学生時代のナンパの話をしようかなと、、、
大学生時代は知識やテクもなく、ノリと勢いだけでナンパする日々が続いてたなぁと思う。
そんなある日、キャロの一言で大きな転機を迎えることとなった。

キャロ 333って知ってる?

このキャロの一言をきっかけに俺らはコリドーでナンパをするようになり、どんどんのめり込んでいった。

コリドー街とは

コリドー街300bar前

コリドーは日本でも有数のナンパスポット。年齢層は20代半ば〜30代後半が多いイメージ。

新橋駅銀座口を左に曲がった線路沿いを歩いてすぐの場所にある。
新橋と言えばサラリーマンの街、当然コリドーにもおっさんが集まるわけだ。
平日の夜は特に仕事終わりのサラリーマンが多くなる。

コリドーは店でのナンパはもちろん、ストリートナンパも盛んである。
ブスも歩けばナンパされる。
5歩10歩で。

つまり盛りのついたリーマンが酔っ払ったOLと一発やるのに必死なわけだ。

盛りのついたリーマン酔っ払ったOLと一発やるのに必死

そして周辺のバーもナンパ推奨の場所が多い。 そこに来るんだから女性も声をかけられることを期待しているはずだよね? え、違うの?そうだと言って!

コリドーは大学生の財布に優しい!

キャロが情報を持ってきた333はコリドーにある、バーとクラブの中間のような店だ。
わかりやすくいうと「あたし、音を楽しみに来てるから。ナンパとかやめてくんない?」的な女の子が一切ゼロのちょうど良い音量で音楽が流れてるイケてる場所。

しかもメニューは全て333円均一。
まず入店時に333円のチケットを3枚購入する。
つまり1000円で3杯飲めるということ。

よく立ち飲みでみんなが行くハブなんかに比べても全然安い。
中に入るとすぐ右にバーカンがあって、奥にはDJがいる。

まぁこんな店がコリドーにはいくつかあって、ナンパをそこに限定すれば安く飲めるし成功率もグッとあがるというわけだ。

コリドーは大学生のようなナンパ初心者向き!

先ほどコリドーではストリートナンパが盛んだと書いたが、ナンパに慣れていない大学生にはバーでのナンパをおススメしたい。
ストリートは初心者にはハードルが高い。
足を止めてくれないことなど当たり前で、楽しさに気づく前に心が折れる男も少なくないからだ。

ストリート完敗

しかし、バーならガン無視されるなんてことはほとんどない。
歩いている人と立ち止まっている人をナンパするのでは成功率が桁違いなのは初心者でも容易に想像できるだろう。

ひとつ、立ち飲みバーでのナンパポイントをあげるならば場所取りだ。
入口やバーカン近くのテーブルを抑えることでナンパの成功率はぐんとあがる。

新規の女の子をチェックできるし、すぐに声をかけに行ける。
さらに、混んだ店内でテーブルを抑えておけば誘うのもスムーズ。
バーカンでドリンクを受け取った女性は乾杯を済ましすぐに周りを見渡す。
場所を探しているからだ。
しかし混み合った店内で行き場を見つけきれずにいる。

混み合った店内でのテーブルはまさにオアシスそのもの。

オアシス

そんなところに「テーブル空いてるから一緒に飲みませんか?」と声をかける。 なんて完璧なんだ。

これぞ入り口テーブルisオアシスの法則

テーブルが空いているからという言い訳を女の子に与えることで誘いを了承しやすくなる。
女性は常に自分の行動に対して言い訳を考えるという。
これはナンパをする上でも最大のキーワードになるからみんなしっかりと頭に刻みつつ行動しよう。

コリドーで大学生がモテるためには?

コリドーのバーでの年齢層は女性なら20代半ば〜30代後半が多い。

そんな中、大学生はそれなりに目立つ。
まず私服だし。顔も若いし髪も遊んでるし。
これは相当好都合なこと。
何もしなくても周りと差別化できるからだ。

しっかりと周りと自分を差別化し、キャラ作りをするというのはとても大事なポイント。
いま生き残ってるお笑い芸人を見てもわかるだろう。
毒舌キャラからのし上がった有吉。
チャラ男キャラのオリラジ藤森。
勢いハンパないキャラのノブコブ吉村。
しっかりと周りとの差別化を図りキャラ作りを徹底した人間が最終的には生き残る。
目立つからだ。

高校の教室でも目立つやつがモテてたはず。
そういうことだ。
自分なりのオリジナリティー、そう俺ジナリティーを大切にすること。

加えて歳下の男を好む女性は少なくない。
ナンパをされに来る女性は承認欲求が強いことが多い。

つまり自分に価値があるということを確かめたいということ。
男はその価値を測るための物差しになる。
そして若さはその物差しとして絶大な効果をもたらす。
若い男に選ばれるということはそれだけで女性としての価値が高いと感じるのだ。
このように若い男、つまり大学生にも需要はある。

さらに歳上女性にモテるためのポイントは3つだ。

まずは清潔感、爽やかさがあること。
小汚い男がモテるわけがない。
若さに爽やかさをプラスして好印象に仕上げることが大事だ。

正直ファッションや髪型はそこまで重要ではない。
大事なのは気を使っているかどうか。
たとえロン毛でも、ストリートファッションでも清潔にオシャレに気を使っているかどうかが重要。

次に落ち着いた印象を与えること。
歳下好きな女性は多いが子供っぽいガキは好まれない。
落ち着いた印象とか言われると難しいと思うかも知れないが決してそんなことはない。

例えば目を見て話を聞き、ドリンクがなくなりそうなら声をかける。
若い分こんな簡単なことでもちゃんとした人という印象を与えられる。

大学生ノリのコールやわけのわからない卍的な言葉使いはもっての他。
卍って言葉を使いたいときは卍LINEの話をする時のみにすること。

窪塚

ちなみに卍LINE(窪塚洋介)が好きだというとちょっと年上のイケてる系の人とはすごく話が膨らむのでおススメ。
池袋ウエストゲートパークも男を上げるために見ておきたい一本だ。

最後はとにかく褒めること。
歳上の女の子は歳下に褒められるとのぼせ上がる。
先程も書いたが自分の価値を確認できるからだ。

褒める時にはポイントがある。
ずばり具体的に褒めることだ。

抽象的に褒めることは逆効果になることがある。
適当とかチャラいといった印象を与えかねないからだ。

褒める時にはなぜ良いと思うのか、どこが良いと思うのかをはっきりさせることでそれが本心であるように思わせることができる。
シンプルだがこれが出来ない男が多すぎる。

これは特段歳上女性に限るが肌の綺麗さを褒めるのは効果的。
こーゆー場に来ている女性は比較的美容に気を使っている人が多い。
歳上女性が1番気にするのは肌だ。
理由は若い女の子との差が1番明確に出る場所だから。

例えば「めちゃくちゃ目鼻立ちくっきりだね!俺顔濃い人タイプなんだ〜〜うわしかも肌めちゃくちゃ綺麗だね!」
と追加で肌を褒めることで違和感をなくせる上にグッとポイントがあがる。

これらのポイントを押さえて是非歳上女性をゲットしてほしい。
実際に大学時代に歳上女性をゲットした話はまた別の記事で!